どうのようにタトゥー消すか?おすすめの除去方法について解説!

美容外科でのタトゥー消す方法

脇処理が完璧な女性

勢いやノリでタトゥーを入れてしまったけどもう消したい、人の目が気になりだしてきた、公共の施設に行けない所があると思っている方はいませんか。タトゥーはどうやって消せるのか、今回は美容外科で行うタトゥー消すことについて解説します。タトゥー消すには主に二つの方法があります。「切除術」と「レーザー照射」です。
切除術はタトゥーを早く消したいという方にお勧めの方法です。最も確実に完全除去できる方法ですが、タトゥーの入った皮膚を切除した後、周囲の皮膚を縫う除去方法で、傷跡は残ります。3~6ヵ月で赤味はとれ、除々に目立たなくなっていきますが、傷跡を気にする方にはお勧めできません。
きれいに消したい、傷跡を残したくないという方にはレーザー照射がお勧めです。切ったりしないので傷跡は残りませんが、除去できるタトゥーが限られてしまったり、完全に除去するまで何度か治療が必要となるため、ある程度の期間を要してしまいます。機械彫りのタトゥーや和彫りのタトゥー(刺青)はレーザー照射では消えにくいものとして分類されています。このようにタトゥー消すにも種類があるので、タトゥーを消したいという方は、自分のプランに合った方法を検討してみてください。

タトゥー消すには足を運びやすい美容外科がオススメ!

寒くなりました。温泉に入りたくなる季節になりましたよね。一時の気持ちでタトゥーを入れてしまい、温泉に入りたいのを我慢されている方はいらっしゃいませんか?タトゥー消す方法は様々あるようです。中でも、メスを入れずに治療を受けられるとのことで、レーザー治療が注目されています。一般的に、美容外科などのクリニックで治療を受ける方が多いようです。
レーザー治療は、墨の部分を熱や衝撃を当て、細かく粉砕、分解させ、除去する方法だそうです。ただ、深くまで墨が入っていると、完全にタトゥー消すことは難しい方法です。何度も治療を受け、徐々に薄くするという方法です。
アザやシミのレーザー治療と同じようなイメージですね。レーザー治療が注目されているのは、なんといってもメスを入れないことですよね。
術後の傷跡を気にすることがないため、露出のある服など、ファッションの幅が広がる希望が持てるようです。傷跡がなく、うまく除去できれば、温泉の希望も持つことができるかもしれません。うまく除去できなかったり、タトゥー消すにしても厳しいルールの温泉もあるようですので、必ずではありません。
希望を持つと、気分だけは晴れるかもしれません。発達した医学に注目してみてもいいですね。

美容外科で自分に合うタトゥー消す方法を相談しましょう

タトゥー消すことを考えているなら美容外科に相談しましょう。美容外科では何種類もの除去技術を持っています。傷跡は目立ってもいいからとにかく早く除去したい、時間はかかってもいいから出来るだけ傷跡を目立たなくしたいなどの希望に合わせてタトゥー消すことが行えます。
主な除去方法には、レーザーでの除去、切除、皮膚移植があります。レーザーでの除去は除去できる色が決まっています。広範囲の除去は高額になりますが、小さいものなら価格を抑えられます。何度か回数が必要な場合が多いようです。メスを使っての手術を避けたい場合はレーザーを照射するだけなので良いですね。
切除はタトゥーの色素に関係なく除去ができます。傷跡は1本線が残りますが、大きさによっては1回で終わります。皮膚移植は広範囲の除去に適しています。タトゥーの色素に関係なく除去できます。太ももなどご自身の皮膚を除去箇所に移植する方法です。その他には削皮術という方法で除去する美容外科もあります。
予算や治療期間、傷跡の程度など自分の希望通りのタトゥー消す方法に出会えるようにまずは気になる美容外科に相談してみましょう。
美容外科によって価格も変わってきます。1件だけでなく出来れば複数のところでカウンセリングを受けると良いでしょう。

レーザーで切らずにタトゥー消すなら【心斎橋コムロ美容外科クリニック】がオススメです。 コムロでは傷をほとんど残さず消すことが可能です!